コラム > 2022/11/13 アガリのクルマ 

アガリのクルマ

今、私は53歳ですが何歳までクルマを運転できるのだろう?と考えることがあります。ただ動かすだけなら爺さんになっても可能かもしれないけどクルマの性能を引き出すことのできる体力を考えるとできれば若い方が良いよねと思うのです。

世間で「アガリのクルマ」とか「終のクルマ」とか言いますよね、人生最後のクルマを何にするのか?と。その言葉からは「最後に良いクルマに乗りたい」というニュアンスを感じます。でも健康で体力が無いと楽しめないと思うんですよね。ヨボヨボになってGTヨンは無理だろうと(笑)

そもそも60歳、70歳、80歳まで生きれる保証はどこにも無いんですよ。仮に生きていてもアッチが痛い、コッチが痛いとか言ってる可能性がでかいわけで。

となると、乗りたいクルマ・・・ここの読者なら憧れのスポーツカーだと思いますが・・・そんな想いがあるのなら一刻も早く乗るべきじゃないかと。1歳でも若い方が体力もあると思うし視力もあるよね。

ただ現実問題として40代、50代だと住宅ローンとか子供の学費にオカネが掛かるので趣味のクルマにオカネを回せない・・・と言うこともあるでしょう。それは・・・どうしようも無いです、あなたが選んだ職業なので。オカネが足りなければ増やす努力をする・・・それをしないのであれば諦めるしか無いですね。

諦める・・・じゃなくて現実を受け入れることができるのであればクルマは何でも良いと思いますが。

オカネは何とかなる・・・のであれば今すぐ買いましょう!いやホントに。「いつか」と思っているとその「いつか」は永遠に訪れませんから。

私は51歳でGTヨンを買いました。もう少し早く乗りたかったですけどね~ 40代とかで。とりあえず2年所有して感じたのはこれ以上の性能のクルマは必要ないかなと。ロドスタをいじり続けて到達できなかった領域へ行くことは出来ました。そういう意味では「あがりました」、つまり納得できました。

欲しいスポーツカーはGTヨンを手に入れることで「あがってしまいました」のでもう欲は無いです。旧車のサニーに乗ったりケーターハムのセブンに乗ったりしたこともありましたが私にとってのクルマは「青いNA」なんだなと。青いNAで始まり青いNAで終わる。そのことを確認するために随分、時間とオカネを遣いました(笑)

なので私のクルマ遊びはもう終わりました(笑) いや、乗るけどね、GTヨンも青号も。GTヨンはいつか居なくなると思うけど青号はずっとあるでしょう。

青号は持っておいて普段の移動の足はプレマシーから変わっていくかも知れませんね。便利ならそれでOKみたいな。動力は電気でも何でも良いですよ。できれば全自動で(微笑)