コラム > 2021/09/18 GTヨンとの1年 

GTヨンとの1年

ちょうど1年前の今日、GTヨンが納車されました。あれから1年、振り返ればあっという間でしたね。GTヨンの件に限らず時間が経つのが早い気がします。

1年で8千キロくらい乗りました。コロナな世の中なので泊りがけでどこにも行って無い気がします。そう考えると乗った方かな?

購入後しばらく・・・そうだなぁ、今年の夏の車検くらいまでかな?ずっと違和感というか馴染めない感じでした。自分の車ですが「クルマの存在がデカすぎる」、そんな印象。要は乗せられている感覚ですかね。

7月の車検、延長保証を掛けたことで「あぁこれからもこのクルマに乗るんだな」と実感が湧いた気がします。8千キロ走ったのは楽しいからというより自分をGTヨンに近づけたかった気がします。

ロドスタではそんなこと考えないんですけどね、要は器の大きさの違いなんでしょう。ポルシェというブランドが私には大きすぎたと。それはある種の錯覚なんですが。

近づくために自分で手を汚してできるメンテはする、洗車ももちろん。購入後、すぐにサーキットに行ったのはまさにそこ、クルマを理解したかったんですよね。

初めは恐ろしくて踏めなかったアクセルも今は冷静にタコメーターを見れます、もっとパワーあっても良いです(笑) 

1年が経ってようやく「ポルシェ」を所有することに違和感を感じなくなってきた感じです、所詮クルマじゃないかと。しかも中古だし(笑) そう思えるのは所有したからですね、試乗とは違うと思うんですよね。

ジャーナリストの人達がクルマを批評するじゃないですか? 今どきのクルマがどうしようもなくダメってことは無いと思うんですよね、どんなクルマでも。なのでジャーナリストが試乗だけして言う「このクルマはどうこうで・・・」と言うのは無視してます、私はね。そのジャーナリストが自腹で買ったクルマのインプレは聞きたいと思いますけど。そういう面で言えばSNSでのオーナーさんの主観的な意見の方が現実をよく捉えていると思います。自分のクルマですからね。

例えばウチのGTヨンはGTサン(笑)と比較されるんですよ、違うに決ってるでしょ、値段は倍くらい違うしさ。「GTヨンも良いけどGTサンはもっと良い」みたいな。あのね、それはGTサンを買ってから言ってくれる?

クルマは何であれ「想いを込めて買う」んですよ。試乗記ではイメージできない領域。でもユーザーはそこが一番大事。だからスペックだけを語るヒトは薄っぺらいんですよ。試乗するのと買うのは全然違う話。私がどれだけの想いでGTヨンを買ったのか?ここを見ているロドスタ乗り達がどういう気持ちでロドスタを購入しているのか?そこを掘り下げたら面白いのにね、スペックより余程共感を得れる記事が書けると思いますが(笑)

GTヨンがある生活、ロドスタがある生活、軽トラがある生活、それぞれ違うんです。私はようやく「GTヨンのある生活」が馴染みつつあるって感じ。その意味はわからないでしょ?ジャーナリストさんには。ま、どうでも良いけど(笑)

NAロドスタなんて現代のクルマの性能でみればカスでしょ(笑) でもNAが大好きなヒトがいるわけですよ、それは何故か?エンジンパワーとかステアリングとかじゃ無いでしょ?

ウチみたいなちっぽけな店にロドスタ乗りが来る理由、わかりますか?




愛ですよ、愛(笑) 




「ウチのこの子をよろしくお願いします」と言うオーナーさんに一点の曇りもないココロで対応できますか? 

ウチはオーナーさんを試します、本気で乗り続ける意志があるのかどうか? あるのなら最後まで付き合いますよ、そういう気持ちでメンテしています。



話が逸れましたが・・・GTヨンはもうしばらく乗りますよ、気持ちを試行錯誤させながら。