コラム > 2020/04/10 1人自営業

1人自営業

コロナ騒ぎ真っただ中の2020年4月です、タイムマシーンがあるのなら未来を見てみたい、どういう結末なのか。

人の動きが制限されて色んな職種にダメージがあると思います、例えば飲食業ね。普通は店舗を構え、従業員を雇いますよね。ある程度のお客さんが来てくれることで成り立つビジネス。言い換えれば想定以下の数だと赤字→潰れるってこと。

店には家賃が掛かり、光熱費も掛かる、人件費も掛かる、いわゆる「毎月の固定費」ですね。デカい商売は固定費も大きいわけで・・・今回のようなことがあると簡単に吹っ飛ぶと思います。休業しろと言われても保証されないのであればただ潰れるのを待つだけになるわけで・・・営業したいのが本音でしょう。個人店舗は特に。1~2か月売り上げ止まればリアル死ねますよ(苦笑) 間違いなく自殺者は増えるでしょうね。

私は開業当初から1人です。最初は小屋です、確か総額30万の小屋(笑) 

今でも怖がってますが最初から怖がってるんですよ、仕事が無くなることを。

小屋の時代は信用も少なく、仕事も少なかったと思います、当然ですが。なので続けられないなと思ったら別の働き方をしようと思ったんですよね。なので借金はしたくなかった。今は良く聞く創業資金融資、あの頃は無かった気がしますが・・・無くて良かったかなと。手持ちのお金でスタートが正解だと思います。稼げるかどうかわからないのに借りるのはリスクでしょ。貸す方は担保取るだろうからどうでも良い訳で。とにかく・・・30万は持っていた(笑)

仕事は「たまたま」続けることが出来、今に至ります。今でも作業依頼があることは「たまたま」だと思っています。こちらからお願いするわけじゃないので。

そもそも個人客なんです、100%ね。メンテをするかしないかなんて気分次第でしょ(笑) ウチはただ待つだけ。不安定極まりないわけですよ、すでに18年目ですが。18年目だから19年目があるとは思ってないです。もっと言えば来月の仕事があるかどうか不明です、大抵無いしね!

スタートした時から考えていたのは「いかに少ない売り上げで食べていくか」です。つまりいかに固定費を減らすか? その結論が自宅で1人自営業なんですよ。場所は借りずに人も雇わない。

そうは言っても開業前に自宅を新築したのでマイナス2000マンからのスタートです(汗) 今、考えると超無謀(笑)  4年目に「ガレージ」を建設、300マンくらいだったかな? そして11年目に今の「ガレージ」を建設、土地代も含めると1600マンくらいかな? 仕事の道具も揃えつつ、新車でバイク2台、軽トラ、RF・・・代車の中古は数台・・・1000マンは使ったと思われ(汗)

ピーク時にはローンの支払いが月30マンくらい、バブル時代かよって(笑) それが数年・・・いや~キツカッタですよ。よくクリアできたなと思いつつ・・・現在は月7マンくらいかな? スイミング行ける訳がわかるでしょ(微笑)

仕事の環境はほぼ完成、借金もあと3年です。払い終わったら21年目?20年掛けて仕事場を手に入れるわけだ・・・長いな・・・ちょうどその頃には子供たちが高校を卒業し始めるタイミングなわけで・・・進路によっては金が莫大に掛かります(汗) 借金が終わる頃に借金が増える・・・のか・・・まぁ借金できる余地があると思えばアリだけど。

今回のような不況になった時にどこまで耐えれるか・・・ウチはしばらく耐えられるかな?固定費が随分少なくなったので。

最初から大金持ちになるために商売を始めたわけじゃないんですよ、好きなことで食っていきたい、食えればOK、その為にどうすれば良いのか?を考えた結果なんです、1人自営業がね。

デキる経営者なら従業員を抱えていてもリスクを回避して生き抜けると思います、というか生き抜けないのであれば経営者として失格でしょう。不景気だから潰れた・・・は予測が甘すぎです。外国人観光客はオマケくらいに思わないと(笑) 

さぁいつまで低空飛行できるかなぁ~