コラム > 2019/10/17 30周年ミーティング

30周年ミーティング

2019年10月13日(日) 三次のテストコースで開催された30周年ミーティングに参加してきました。10周年、20周年も参加しました。10年ブリですね。

10年前のコラムを読むと・・・「30周年、参加するために「頑張ろう」かと。乗り続けることは「頑張ること」だと思います。色んなことを頑張って10年後も笑顔で会えたらイイな!と。」

おぉ~良いこと書いてるじゃん、私(笑)

この10年はかなり色んな変化があった気がします。自分の仕事の環境が。10年前には今の状態は全く想像できなかったですしね。NA・NB専門!と言いつつNCもNDも触ってるし(笑) でもそうしないと食えないと思ったんでしょうね。今では型式にコダワリはありませんよ、ロドスタはロドスタだろうと。

人間、歳を重ねれば丸くなります。ほんと実感。

今回のイベントでは「簡易レスキュー」みたいな役でしたので「いち参加者」としての気分はあまりなく・・・(苦笑) 参加した皆さんと同じ手順でエントリーしてますよ、オカネも払ってるし。

レスキューの話はエントリー後のタイミングで聞いたんです。でもレスキュー役をして欲しいと言われるなんてある意味、認められてるのかな?と。




今回は助手席に13歳の長男坊を乗せて参加しました。自ら行きたいと言ったので。ウチはロドスタ屋ですが子供たちにロドスタに乗ることを強制したことはありません。「乗るか?」と聞いて「乗る」と言う場合のみ乗せているんです。

親として「キッカケ」は与えたいですが夢中になれるかどうかは本人次第かなと思うので。

最後のパレードで印象的だったのは皆さんの笑顔。ほんと、楽しそうな顔が沢山見れました。10周年、20周年の時は気が付かなかったなぁ~

あぁ~そうか、ロドスタに乗ると言うことは笑顔になれることなんだ!

スピードなんか出ていませんよ、時速10キロとか(笑) それで笑顔が出るクルマ。素敵ですよね。

10年、20年の時は「地獄のパレード」と思いましたが今回はもっと走りたかったです、前後左右ロドスタに囲まれながら。

長男坊が「40周年はあるのかな?」と

「10年後はお前も23歳、彼女と一緒に来ればいいじゃん!」

長男坊「それイイネ!」




ロドスタは引き継がれていくクルマなんだなと。

もうしばらくこの仕事できるかな?(微笑)